概要を知る

その歴史についてご紹介します。

加圧トレーニングの歴史は、ボディービルダーの佐藤義昭さんが1966年頃に、作り出したトレーニング方法です。 一説によると法事の席で、正座をしていた事から着想を得て作られたと言われています。 それから佐藤さんの尽力により、加圧トレーニングの方法が体系作られて、現在では都内や大都市圏を中心に多くの加圧トレーニングスタジオができています。 これが現在のパーツトレーニングの歴史です。 加圧トレーニングは、体の血流を抑えることで、体に乳酸が多く出て、成長ホルモンが多く分泌されることで筋肉が大きく発達すると言われています。トレーナーと一緒にトレーニングすることでさらに効果が高まることも実証されています。ぜひ挑戦してみてはどうでしょうか。

これからの加圧トレーニングについてご紹介します。

加圧トレーニングは、小さなスペースでもトレーナーと一緒にやることができます。現在スポーツクラブの会員はなかなか定着しないというのが悩みだと言われていますが、今後の流れとしては、パーソナルトレーニングとして取り入れられ個人個人にあった指導していくということが動向になっていくでしょう。 またもう一つは、みんなで部活のように楽しむ総合的トレーニングが都内を中心に流行おり、運動したり、水泳したりしながら、ついでに筋力トレーニングを取り入れているのですが、その一環として加圧トレーニングを取り入れで行くことが多くなっていく動向があります。 現在はダイエットをすることよりも、特に男性の間ではたくましい筋力をつけるということがトレンドになってますので、これからも加圧トレーニングが多くなっていくことでしょう。